真剣な悩み

こんな会話が出てくるなんて年齢かな?と思っていたのは、主人との会話でした。
若干気になってきたの、と話すと、そうかぁと言い出したのは主人、私は真剣に悩んでいました。
薄毛に悩んでいたのですが、元から髪は薄い方ではあるのでした。

ところがこのところ際立って尚更考えるようになってきたので、主人に聞いてみたのです。
あんまり悩むことはないと思うし、悩むと尚更薄くなるんじゃないかと主人は言います。

それも言えることですが、薄毛で得したことがないとつくづく思っていたのでした。
髪は揃わないし、際立って目立てば年齢が老けて見えると思うからなのです。

だったら使ってみたらどうかという、女性用育毛剤なのですがそれもいいと思う。
そうかぁ!と思ったのですが、徐々にカバーできたらいいよね?というと主人も気になりだしたみたいでした。

でも主人はショートヘアなので、あまり気になる感じでもなかったのです。
ロングヘアから変えようとセミにしたこともありましたが、それでも気になる薄毛なのです。

セミロングとはいっても、気になったらとことん気になるので、それも仕方ありません。
主人が言うように、女性用育毛剤を使ってみたら、徐々にでも効果があると思ってはいました。

分かっていたようにも思うのですが、単にきっかけが欲しかったのかもしれません。
何でも新しいことに挑戦する時は不安になってしまうので、私はすぐに主人に聞くのです。

温かく答えてくれるのでいいですが、聞いた結果やっぱり使ってみようと思ったのでした。

ぺたんこ髪女性のための対策シャンプー